花火で笑顔届け「Cheer up!花火プロジェクト」47都道府県の投稿を集めてみました

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の収束を祈って一斉に花火を打ち上げようと、全国の花火業者が企画した「Cheer up!(チア アップ)花火プロジェクト」。6月1日午後8時、全国163箇所で一斉に花火が打ち上がりました。

当日の花火の打ち上げ場所については、「三密」状態を防ぐためシークレットに。打ち上げ直前まで、どこから花火が上がるかわからないという、花火師たちの粋なサプライズに日本各地の期待は膨らむばかり。

一時は「#花火どこ」というワードがTwitterでトレンドになるほど、みんなが同じ時間に花火を探していたようです。SNSには花火の写真や動画とともに、感謝と喜びの声が溢れていました。

今回はそんな投稿の数々から、47都道府県各地の様子をご紹介します。

■7月24日に行われた「全国一斉花火プロジェクト~はじまりの花火〜」についてはこちら

Cheer up!花火プロジェクト全国の花火まとめ

1.北海道

2.青森県

見事なお母さんとの連携プレー! 故郷の花火が素敵な贈り物になったようです。お母さん、ありがとう。

3.岩手県

打ち上げ花火、上から見るか? 下から見るか? はたまた左? 右? …みんながそんな状態だったと思います(笑)上から見下ろす花火も美しいですね。

4.宮城県

5.秋田県

花火の音に負けないくらい、響き渡るカエルの合唱が印象的です(笑)きっと花火でカエルも喜んでいるはず!

6.山形県

7.福島県

予想的中! ベストスポットですね。

8.茨城県

茨城にもきたぞー!(笑) 喜びが伝わってきます^^

9.栃木県

10.群馬県

11.埼玉県

青色は医療従事者に感謝を伝える色。夜の空に映える綺麗なブルーですね!

12.千葉県

千葉でもカエルたちが喜んでいたようです(笑)

13.東京都

東京スカイツリーも希望のシンボルである“ 虹 ”色に。この日の東京は雨でしたが、隅田川や多摩川(調布市)で鮮やかな花火が打ち上げられました。

14.神奈川県

15.新潟県

16.富山県

17.石川県

石川県は野球場から打ち上げられました。プレーをする人たちも、観戦する人たちも。またみんなで野球を楽しめる日が、一日でも早く訪れますように。

https://www.instagram.com/p/CA5F_E-l6vF/

18.福井県

家から3箇所の花火が同時に見られるなんて! 贅沢〜!

19.山梨県

20.長野県

こちらは車中からの投稿。お仕事中のドライバーさんたちも、こうして車窓から眺めていたのかも。おつかれさまです、運転気をつけてくださいね。

21.岐阜県

22.静岡県

23.愛知県

街の人たちもみんなが空を見上げている風景にほっこりします^^

24.三重県

25.滋賀県

憧れの人と眺める花火。素敵な夜のひとときですね。

26.京都府

27.大阪府

こちらは大阪の夜景に馴染む花火の姿。

28.兵庫県

29.奈良県

30.和歌山県

31.鳥取県

View this post on Instagram

皆さん、全国の花火業者さんの有志で行われた『Cheerup!花火プロジェクト』の花火は見れましたか?。 こちらは、鳥取県米子市の感謝花火です。 5分間という短い間でしたが、迫力満点の見応えのある花火が夜空を染めました。 打ち上げ場所が全く公表されていなかったので、なかなか場所の特定が出来ませんでしたが、いろいろ考えているうちに、陸上自衛隊米子駐屯地の演習場なら、敷地が広いうえに、掩体で囲まれて全く外部から見えず、しかも消防署の真横ということで、行ってみたら、演習場に通じる通路に警備員さんの姿を発見し、ここだと確信したのですが、打ち上げ15分前その時点で現地にいた先客は、僅か2人、しかも、うち1人はテレビの報道カメラマンさんでした。 この場所からなら、米子市内、境港市内、さらには大山山麓や島根県側からも良く見えたことでしょう。 コロナウイルスと闘う医療関係者の方々や、自衛隊の方々も、きっと勇気付けられたことと思います。 そして、全国の花火屋さん、ありがとうございました。 私も、一日も早く、コロナウイルスが終息することを願っています。 ____________________________________________ 使用機材 Nikon D850 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR レリーズ SLIK三脚 ____________________________________________ #感謝花火 #サプライズ花火 #花火プロジェクト #cheerup花火プロジェクト #cheeruphanabi #花火 #fireworks #фейерверк #鳥取県 #鳥取 #米子市 #米子 #皆生 #境港市 #境港 #陸上自衛隊 #米子駐屯地 #医療関係者に感謝 #医療従事者に感謝 #NikonD850 #light_nikon #nikonphotographer #コロナに負けない #がんばろう日本 #がんばろう鳥取 #insta_tottori #SLIK三脚 #花火屋さんありがとう #enjoy_yonago #写真好きな人と繋がりたい

A post shared by ⚓️🇯🇵S.Yamamoto🇯🇵⚓️ (@bombardier_gram) on

32.島根県

33.岡山県

花火を打ち上げる人、その花火を写真で伝える人。それぞれのプロフェッショナルなお仕事が伝わる1枚です。

34.広島県

35.山口県

36.徳島県

37.香川県

38.愛媛県

残念ながら愛媛県は、新型コロナウイルスの新たな集団感染が発生したため延期に。日程をずらし、感染状況を見て実施するそうです。

39.高知県

40.福岡

41.佐賀県

唐津城の上空に咲く花火に、元気をもらえますね。

42.長崎県

43.熊本県

44.大分県

45.宮崎県

46.鹿児島県

「まさかここから上がるとは!?」そんなスポットもたくさんあったようです。

47.沖縄

ヤシの木と花火のコラボレーション。なんとも沖縄らしい光景です。

花火のルーツは悪疫退散祈願

花火はもともと悪疫退散祈願を目的に打ち上げられたことがルーツ。実は、毎年多くの人で賑わう「隅田川花火大会」も、約300年前に発生した大飢饉と疫病で犠牲になった人々の “ 慰霊と悪病退散 ” を目的に始まったそうです。

今回の花火プロジェクトも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大が広がる中で「悪疫退散を祈願し、花火を見上げて “ 笑顔 ” になってもらいたい」という花火師たちの想いが込められています。

この日花火を見られなかった人にも、この投稿から花火師の想いとみんなの笑顔が伝わりますように。

ライター:塩田 南

RURE MORINGA パウダー

Nature’s Chest
「PURE MORINGAパウダー」

生産~日本国内での加工までの丁寧な処理により、モリンガの高い栄養素をそのまま取り入れることでできるおすすめアイテムです!

> 詳細はこちら