あの有名野球選手も!プロ球界に広がるコロナ支援

プロ野球のコロナ支援まとめ

世界的な流行を見せている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック。感染拡大の影響により、国内外問わずプロ野球界は大きな打撃を受けています。

米国ではMLB開幕の目処が立っていないほか、日本においても甲子園中止、プロ野球の公式練習試合の中断など、まだまだ予断を許さない状況です。

そんな中、各国のプロ野球選手がチャリティー活動を通して、多くの人々に勇気を与えています。ここではMLBの選手を中心に、世界のプロ野球選手がどんな支援に取り組んでいるのかをまとめました。

米大リーグ・フィリーズのハーパー選手が医療団体へ約5,400万円の寄付

View this post on Instagram

Thank God everyday I’m a Phillie!💯

A post shared by Bryce Harper (@bryceharper3) on

「今は一丸となり、医療のプロがつくるガイドラインを順守するときだ」というコメントと共に、MLBナショナルリーグ、フィラデルフィア・フィリーズのブライス・ハーパー外野手が医療団体に対して50万ドル(約5,400万円)を寄付したことが、MLB公式サイトで伝えられました。

寄付先は、ハーパー選手の出身地であるラスベガス、そしてフィリーズの地元 フィラデルフィアの医療団体の2か所。自身のホームへの強い想いが込められた寄付であることがよくわかります。

Phillies star Bryce Harper donates $500,000 to coronavirus relief in Las Vegas and Philadelphia | MLB

MLB発信の感染拡大防止動画にも出演。大谷翔平選手によるチャリティーオークション

MLBでは、動画を通して新型コロナウイルスの感染拡大防止を呼びかけています。その動画には、殿堂入り選手や現役スーパースターと肩を並べる形でロサンゼルス・エンゼルス所属の大谷翔平選手も出演(上記動画の00:20に大谷選手が登場)。「早期終息を願っています」と日本語で感染拡大防止を呼びかけ話題となりました。

そんな大谷選手は、医療従事者に医療物資を届けるための「ジャパンハート チャリティオークション」にも協力。寄贈した直筆サイン入りのバットは、なんと190万5千円で落札。

大谷選手はこのオークションに際し、「みなさん大変だと思いますが医療機関をはじめ多くの人たちが問題解決に精一杯動いてくれています。感謝と思いやり、そしてお互いを助け合う気持ちをもって支え合っていきましょう」と語っています。

大谷翔平がカーショウやコールと共演してコロナ感染拡大防止を願う。チャリティ・バットは100万円超え | Yahoo!ニュース

阪神タイガース・西投手が医療用マスク4万枚を病院などに寄付

国内においても、コロナ対策のためのチャリティー支援を行う選手はたくさんいます。阪神タイガースの西勇輝投手もそのひとり。

医療関係者からマスクが不足しているという現状を聞いた西選手は、知人を介して手術にも使用できる医療用マスクを4万枚購入。大阪や兵庫の病院に寄付しました。

「何か社会貢献活動をできないかと思っていた。誰が感染してもおかしくない状況の中、医療現場の人たちが最前線で働いているので感謝したい。このマスクを使ってこれからも頑張ってほしい」とエールを送っています。

阪神の西勇が医療用マスク4万枚寄贈へ | 産経ニュース

困難な状況に直面している仲間や地元への支援を行うレンジャーズ・秋選手

MLBアメリカンリーグ西地区、テキサス・レンジャーズの秋信守(チュ・シンス)選手は、自軍のファーム組織に属するマイナーリーガー191人に対して、ひとり1,000ドルずつ総額19万1,000ドルを寄付することを発表しました。

自身も金銭的に厳しいマイナー時代を7年間も過ごした秋選手だからこそ、困難な状況に直面している仲間であり、チームにとって大切な存在であるマイナーリーガーへの支援を決めたようです。

また、秋選手は母国・韓国のコミュニティ基金にも20万ドルを寄付するなど、コロナウイルスの打撃を受けた地域への支援も積極的に行っています。

Choo pledges $191K to Texas’ Minor Leaguers | MLB

医療従事者が抱える問題に真摯に向き合うヤンキースのスタントン選手

メディアでも度々報じられている、米国の医療従事者の個人防護具(PPE)不足問題。

ニューヨーク・ヤンキース、ジャンカルロ・スタントン外野手はこの状況に対して、出身地の南カリフォルニアとニューヨークの病院へ1万5,000個のフェイスシールドを寄付を行いました。

友人や家族の中でも感染者が出たというスタントン選手は「今は誰にとっても辛いときだ」とコメント。さらに今後はマスクを寄付する予定とのことです。

Yankees’ Giancarlo Stanton to donate face shields to hospitals in Southland and New York | Los Angeles Times

アフターコロナの野球選手の活躍に期待!

さまざまなチャリティー活動により、明るい話題を私たちのもとに届けてくれているプロ野球選手。

ここでは紹介しきれないほど数多くのプレイヤーが、それぞれの地元・ホームや最前で戦う医療従事者の支援などに取り組んでいます。

また、サッカー、テニス、ゴルフなど他スポーツ界でもチャリティー活動の動きは活発です。寄付金・物資の支援から、起業やバーチャルデートなどといったユニークなものまでさまざま。

こういった活動に支えられ全世界が収束に向けて動いている今、私たちもできる限り最善を尽くし、来るべきリーグ開催・プレイオフを楽しみに待ちましょう!

文:奥山 至、編集:塩田南

ライター:おくやまいたる

【記事バナー】「美4サロン」ブライダルエステお試しプラン初回お試し価格5,000円

「美4サロン」ブライダルエステ選べるお試しプラン

ブライダルエステ専門店ならではの、丁寧なカウンセリングと細やかなケアで、花嫁様を『ドレスの似合う姿』へ導いていきます。
お試し体験プランでお悩みにあわせて効果を体感してください。

> 詳細はこちら