絶対に自分を責めない、みやぞんが考える幸せ論【みやぞん × amy happy days 連載 第5回】

天真爛漫な笑顔が魅力のお笑い芸人「みやぞん」さんへ、「暮らしに笑顔を届ける」をコンセプトに運営するニュースメディア『amy happy days』がインタビュー。

みやぞんさんが語ってくれたエピソードを「にこにこ」「のんびり」「わくわく」「おもしろ」といったテーマでお届けしてきましたが、いよいよ今回が最終回。

みやぞんさんが考える「幸せ」とは? その価値観の背景にあった、お母さんの存在についてもたっぷりと語ってもらいました。

●本連載は全5回でお届けしています。これまでの記事はこちらからご覧ください。

  1. みやぞんが、どんなときも「笑顔で楽しく生きる」と決めた理由【みやぞん × amy happy days 連載 第1回】
  2. みやぞんがおうち時間で気づいた「幸せ」とは?【みやぞん × amy happy days連載 第2回】
  3. 笑いは“お持ち帰り”できる!?みやぞん流 笑いの哲学とは?【みやぞん × amy happy days 連載 第3回】
  4. 海外の人は「ハッキリ言う」から素敵。みやぞんが海外ロケで感じた日本との違い【みやぞん × amy happy days 連載 第4回】
  5. 絶対に自分を責めない、みやぞんが考える幸せ論【みやぞん × amy happy days 連載 第5回】

幸せって、絶対的にポジティブじゃないとなれない

今、みやぞんさんは幸せですか?

幸せですよ。幸せって、絶対的にポジティブじゃないとなれないと思っているんです。

「もっとお金があったら幸せかも」とか「あんな車乗れたら幸せかも」っていう欲があるのはすごくいいことだと思うけど実際に手に入れて、「いまの生活がいつまで続くだろう」って思った途端、不幸でしょ?

「お金が無くなったらどうしよう」、「事故にあったらどうしよう」ってネガティブに考えてると結局心が幸せになれない。「今よりもっと良くなりたい」っていう思いもあるけど、でも僕はもう十分というか、今が楽しいから。

以前、みやぞんさんがある番組で「相手を幸せにするには、まず自分が幸せになること」とお話されていたのが印象的でした。そのことについて詳しくおしえていただけますか?

例えば、そろばんって僕はできるから、教えてあげることもできる。でも、もしできなかったら教えてあげられないですよね。それと同じで、相手を幸せにしたいと思っても、自分が幸せじゃなかったら、どうやって幸せにできます?

謙遜して「私はいいからあんた幸せになりな」っていうお母さんがいたりするけど、その子どもは幸せにはなれないと思う。だって、子どもはお母さんが笑っている姿、楽しんでいる背中を見てはじめて幸せになれるんだもん。

「私は無理だけど、あなたはどうぞ楽しんでね」って言われても楽しめないでしょ?だから僕は、まず自分が幸せになる。そして、幸せになる方法を伝えたり、教えることができたらいいなって思います。

人間は生きてるだけで価値があるから。ありのままの自分を受け入れた方がいい

みやぞんほっこりエピソード2

先ほど幸せになるにはポジティブな思考が必要というお話もありましたが、そうなるにはどうすれば良いと思いますか?

自分を許すこと、そして責めないことですね。

「なんで自分はこうもダメなんだろう」、「なんで言われた通りにできないんだろう」って責めない。 「こんな自分だけどいい? それがもし嫌ならごめんなさい」っていうくらい、開き直っていいと思う。

もちろん自分のやれることはやるけども、僕にはそれしかできないし、基本できることだけで十分。 そんな僕を見て甘いって言う人もいるけど、僕はもういいの、自分を責めないの。 自分に完璧を求めると、人にも求めてしまって苦しくなるから。

もっと良いこといっぱいしなきゃ評価されないって思ってる人もいるかもしれないけど、人間は生きてるだけで価値があるから、ありのままの自分を受け入れた方がいいんじゃないかな。そうすると、自分の心にも余裕ができて、人も幸せにしてあげられるから。

どんなときも母ちゃんが信じてくれたから。劣等感を感じることがなかった

そんなふうに思うようになったのは、何かきっかけがあったんですか?

母ちゃんの影響かなあ。どんなときも母ちゃんは僕を信じてくれたんですよ。「こーしないと世の中で食っていけないよ」とか、「あんたこれくらいできないと」っていうのが全くなかった。だから劣等感を感じたことがなかったんです。

「あなたはそのままでいいよ」と?

そうそう。通信簿やテストの点数が悪くても母ちゃんはそんなところ見ないって言ってくれて。何をやっても「あんたのこと信じてるよ」っていうんですよ。「神様がくれた、あんただけの個性が絶対にあるから。そのまんまで大丈夫」って。そんなこと言われたらこっちも悪いことできないというか。

素敵なお母さんですね。

でも子どもの頃は「母ちゃんやめてくれよ〜」って思ってましたよ(笑)体力つけたくて野球やってんのに「なんでご飯とトマトだけなのよ~」とか。そしたら「戦争中はそれも食えなかった!」「今戦争中じゃないもん!」なんてやり取りしたりして。

本当は母ちゃんも大変だったと思うんですよ。姉ちゃんが4人いるから、僕入れて子ども5人でしょ。それを女手ひとつで育てたんだから。

そんな母ちゃんで良かったなって思ったのは、大人になってから。人に言われて気づいたんですけど、他の人は何かに挑戦するとき躊躇するらしいんですよね。自分にはできないかもしれない、ダメかもしれないって。僕は何かに挑戦するときも「あんたならできる」って言われて育っちゃったから。今も何でもできるって思っちゃうんですよ。

ほんとは皆んな気づいていないだけ。そのままで幸せってことを

みやぞんほっこりエピソード3

どうしても人って、必要以上に自分にも相手にも求めてしまいがちですよね。

不思議なもので「なんでもっとこうできないの?」って言ったり、思っちゃうと無理なんですよね。

それよりも「なんか手際よくなった?」って言われると「そうかな?」って自分を認めることができる。自分なんかカッコよくないからって思ってても、「いやカッコいいですよ」って言われると、最初は謙遜するけど、また「そうかな?」って自分の良さに気づいて、どんどん輝いていく。

だから本当は、皆んな気づいていないだけで、そのままで十分素敵だし、幸せなんですよね。

みやぞん
1985年生まれ、東京都足立区出身のお笑い芸人。 2009年、幼なじみのあらぽんとお笑いコンビ・ANZEN漫才を結成。 一度見たら忘れられない規格外の天然キャラと天真爛漫な笑顔が魅力。 歌ネタを得意とし、自主制作曲「足立区の歌」で足立CMグランプリ2年連続受賞。 「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ)や「天才てれびくん hello,」(NHK Eテレ)などの人気番組にレギュラー出演中。

●本連載は全5回でお届けしています。これまでの記事はこちらからご覧ください。

  1. みやぞんが、どんなときも「笑顔で楽しく生きる」と決めた理由【みやぞん × amy happy days 連載 第1回】
  2. みやぞんがおうち時間で気づいた「幸せ」とは?【みやぞん × amy happy days連載 第2回】
  3. 笑いは“お持ち帰り”できる!?みやぞん流 笑いの哲学とは?【みやぞん × amy happy days 連載 第3回】
  4. 海外の人は「ハッキリ言う」から素敵。みやぞんが海外ロケで感じた日本との違い【みやぞん × amy happy days 連載 第4回】
  5. 絶対に自分を責めない、みやぞんが考える幸せ論【みやぞん × amy happy days 連載 第5回】

ライター:塩田 南

RURE MORINGA パウダー

Nature’s Chest
「PURE MORINGAパウダー」

生産~日本国内での加工までの丁寧な処理により、モリンガの高い栄養素をそのまま取り入れることでできるおすすめアイテムです!

> 詳細はこちら
毎日明るいニュースを配信します!
LINE友達追加
毎日明るいニュースを配信します!
LINE友達追加