旬の野菜を味わおう!秋冬おすすめの野菜と簡単レシピをご紹介!

yasai-image

「実りの秋」の到来です!

夏の野菜を楽しんだ後は、秋野菜を堪能したいですよね!

だんだん寒くなっていくのは辛いのですが、寒くなるほど野菜はうまみがぐっと増すため、そこは楽しみにしている筆者です。

特に根菜は美味しい季節。体を温めてくれたり風邪を予防してくれたり、なんなら胃もたれを解消してくれたりする秋冬の野菜。

ここでは、旬の野菜を使った簡単レシピをご紹介していきたいと思います!

日本の秋になじみの深いさつまいも

秋が来るとさつまいもの出番!いもの中でもさつまいもが一番好きな筆者としては、絶対にはずしてはならない野菜なのです。

はるか昔から日本で親しまれており、冬の季語(甘藷)にもなっているさつまいも。 ビタミンCや食物繊維、β-カロテン、などの栄養面・美容面に加えて、甘煮や天ぷら、みそ汁の具、バター焼き、サラダなど、幅広く料理に使えるのもいいですよね。

ただオーブンで焼くだけの焼きいもも手軽で美味しいですよね。

そんな晩秋から冬にかけてが 旬のさつまいも。 やっぱり特に秋を感じるのにふさわしい簡単料理といえば、「さつまいもご飯」じゃないでしょうか。

材料

  • 米4合 さつまいも (500g)2本
  • 水 (さらす用)適量
  • みりん大さじ4
  • 酒大さじ4
  • 塩小さじ2
  • 黒いりごま(お好みで)

作り方

1.洗っておいた米を30分以上浸水させます。その後水気を切ります。

2.2cm角に切ったさつまいもを、水にさらします(10分程度)。

3.炊飯釜に米と水、みりん・酒・塩を入れ、1のさつまいもをのせて炊飯スタート。

4.炊き上がったらお茶碗によそって、黒いりごまをふりかけ、出来上がり!

ほっこり甘くて癒されるかぼちゃはスープで!

秋にはハロウィン、冬には冬至と、何かと出番の多いかぼちゃ。

テレビなどでも特集を組まれたりするので目にする機会も多く、「かぼちゃ食べたい!」と触発される人もいるでしょう。

甘味があってほっこりした食感は、日ごろ頑張って疲れ気味の体に染みわたりますよね。

そんなかぼちゃですが、煮物やサラダ、みそ汁の具、そこからあまりレパートリーが増えない、という声をよく耳にします。

割安だったので丸ごと買ったのはいいけれど、大きくて使い切れずに困ってしまう、なんて話も。

そんなときにはスープがおすすめ!ミキサーを使ったり裏ごししたりするのが面倒、と言った人でも大丈夫なレシピをご紹介します。

材料

  • かぼちゃ2/1個
  • 小麦粉小さじ4
  • 牛乳800㏄
  • バター20ℊ
  • コンソメ 1~2個
  • 塩コショウ 適量

作り方

1.種を取って皮を切り落としたかぼちゃを、耐熱皿に移します。水をふりかけラップをし、レンジで柔らかくなるまで加熱します(4~5分程度)。

2.かぼちゃを触ると潰れるくらいの柔らかさになっていたら、鍋に移してかぼちゃを潰します。 このとき使うのはホイッパー。ホイッパーがなければフォークでも充分潰せます。

3.かぼちゃをお好みの滑らかさにしたら、小麦粉を投入。粉っぽさが無くなるまで混ぜます。

4.牛乳を200㏄ほど入れてかぼちゃと馴染んできたら、残りの牛乳も入れて混ぜます。

5.火にかけ(弱火~中火)、沸騰させないように温めます。スープが温まったら、バター・コンソメ ・塩コショウを入れて味を整え、完成です。 お好みで乾燥パセリをふりかけるとおしゃれに!

栄養価抜群の白菜、豚バラ肉とのミルフィーユ鍋で子どもも大喜び!

冬の旬野菜の代表と言われる白菜。 ビタミンCやカルシウム、カリウム、ビタミンK、食物繊維などを含む、栄養価の高い優れた野菜です。

糖質も少なくエネルギーも低い、ダイエットに適しているのも魅力です。

鍋や炒め物や煮物、お漬物など、豊富なレパートリーがある白菜ですが、やはり子どもも喜ぶイチオシメニュー と言えば、お肉と一緒に食べられる「白菜と豚バラ肉のミルフィーユ鍋」ではないでしょうか。

順に重ねていくだけなので作るの簡単!白菜の甘味とうま味で、お箸が止まらないおいしさです。

材料

  • 豚バラ肉(薄切り)600~800g
  • 白菜1/2個
  • 水500ml
  • 白だし50ml
  • 塩少々

作り方

1.土鍋に水と白だし、塩を入れます。

2.白菜と豚バラ肉を交互に重ねていたもの(5回ほど)を、5cm幅くらいで切ります。

3.土鍋に2で切った白菜と豚バラを、断面を上にして敷き詰めていきます。

4.土鍋の蓋をし、中火で加熱。火が通ったら完成です。

出汁がしみて最高なふろふき大根!

寒い季節は温かい料理が恋しくなりますが、そんな料理に大根はかかせません。出汁の染みた大根…絶対にかかせません!(笑)

体を温めるだけでなく、消化吸収を助けてくれたり、食物繊維を多く含んでいたり、コレステロールの上昇を抑えたり、ときには民間療法にも使われたり。とても優秀で、日本人になじみの深い野菜のひとつとなっています。

そんな大根、レパートリーはたくさんありますが、ここでは大根そのものが主役となる「ふろふき大根」のレシピをご紹介させてください!

材料

  • 大根1本
  • 白だしお好み
  • 味噌大さじ1
  • 砂糖小さじ1〜2
  • 顆粒だし小さじ1/3
  • 水適量
  • 炒りごま 適量
  • 柚子お好みで

作り方

1.大根を4~5cmに切り、面取りします。隠し包丁を入れておくと味が染み込みやすくなります。

2.鍋に大根を入れ、水と白だしを入れ(大根がかぶる程度に)、煮ます。

3.深めの耐熱皿に、味噌と砂糖、顆粒だし、水を混ぜ、電子レンジで温め、味噌ダレをつくります。

4.柔らかくなった大根を器に移し、味噌ダレをかけて、胡麻をふりかけたら完成! ゆずの皮を上に乗せると映えますね!

一本まるごと主役になったねぎ鍋!

秋から冬が旬のねぎ。この時期のねぎはとくに甘みが強くなっておいしいですよね。 加熱するととろりとする食感も大好きです。

体をポカポカにしてくれる成分があり、「風邪に効く」「免疫力を高める」「血行を促す」などのイメージが高い上、どんなお料理にも合うので、人気の野菜。

そんなねぎですが、たまには添え物ではなく、1本まるごと主役として使いたいもの! ねぎだけの「ねぎ鍋」なんかは、いかがですか?

材料

  • 長ねぎ 4本
  • 水150ml
  • めんつゆ100ml
  • 砂糖大さじ1/2
  • 牛脂1個
  • とうがらし(お好みで)

作り方

1.長ねぎを4cm幅に切ります。

2.牛脂を鍋に入れて熱します。

3.長ねぎを立てて並べ、裏面に焼き色をつけます。

4.水とめんつゆ、砂糖を加えて中火で熱します。やわらかくなると完成です! とうがらしをお好みで散らしてもおいしいですよ!

新鮮な野菜はセンチョクで配送してもらおう!

どの野菜のレパートリーも美味しそうですよね。普段脇役となりがちな野菜ですが、じゅうぶん主役としてやっていける実力を持っています!

上記のようなレシピも、ぜひ試してみてくださいね。

野菜はやっぱり、新鮮なものを食べたいもの。とくにすぐにしなびてしまうものならなおさらですよね。

野菜などの生鮮食品を専門に配送を行っている「センチョク~新鮮直送卸~」なら、その時期の旬の野菜を、すぐに買うことができます。

センチョクは「本当に良い新鮮食材をお客様のもとへ届けたい!」という想いをテーマに、厳選食材を自宅まで運んでくれる宅配サービス。(東京23区、神奈川一部のエリア限定。2020年10月現在)

会員登録はしなくていいので、面倒な手続きはイヤ!という人でも安心。欲しくなったらネットで注文するだけといった、お手軽さも魅力です。

新鮮な野菜を、ぜひ試してみてください!

ライター:板野 千代子

RURE MORINGA パウダー

Nature’s Chest
「PURE MORINGAパウダー」

生産~日本国内での加工までの丁寧な処理により、モリンガの高い栄養素をそのまま取り入れることでできるおすすめアイテムです!

> 詳細はこちら