【流行語大賞2020】ついに発表!今年の大賞はどんな言葉?

年末の風物詩ともいえる、『「現代用語の基礎知識」選 新語・流行語大賞』。2020年も12月1日(火)に、新語・流行語大賞 年間大賞&トップ10が発表されました!

この新語・流行語大賞とは、「その年に生まれたさまざまな『ことば』の中から、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語」を選び、その「ことば」に深く関わる人物・団体を毎年表彰するというもの。

2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって、「新しい生活様式」や「アベノマスク」、「ソーシャルディスタンス」、「Zoom映え」など、新型コロナウイルス関連のワードが多くノミネートされていました。

いったいどのようなワードが年間大賞&トップ10に選ばれたのでしょうか!? チェックしてみましょう。

【流行語大賞2020】年間大賞は「3密」!

photo by 東京都

流行語大賞2020の大賞は、小池百合子東京都知事の「3密」が選ばれました!

コロナで始まり、コロナで終わるといっても過言ではない2020年、いかにして感染症対策をするかという時に生まれた「3密」という言葉。

日本では昔から「3大〇〇」というような言い方が多くあるため、小池都知事の「3密」という言葉が日本中の人々の心にスっと浸透したようです。

【流行語大賞2020】トップ10にランクインしたワードは!?

流行語大賞2020では、全部で30のワードがノミネートされていましたが、その中から、年間大賞含むトップ10が選ばれました。

ここでは、その他トップ10のワードについて詳しくご紹介したいと思います。

トップ10:愛の不時着/ヒョンビン さん(俳優)

photo by Amazon

新型コロナウイルスの影響に伴って、おうち時間を充実しようという動きが高まりました。その大きな盛り上がりのひとつが「動画配信サービス」です。

韓流ドラマブームが相まって、韓国ドラマ「愛の不時着」が絶大な人気を獲得。このコロナ禍の2020年、長い期間にわたって多くの人に視聴されました。

「愛の不時着」は、パラグライダーで北朝鮮に不時着してしまった韓国財閥の令嬢と北朝鮮の将校とが恋に落ちる、王道のラブストーリー。

トップ10:あつ森(あつまれ どうぶつの森)/任天堂株式会社 あつまれ どうぶつの森 開発チーム さん

一時、入手困難になるほどのブームを巻き起こした「あつ森」。

外出自粛を余儀なくされたコロナ禍において、手軽におうち時間を楽しめると、年齢問わず多くの人に支持されています。

トップ10:アベノマスク/特定非営利活動法人サラダボウルの皆さん

新型コロナウイルスの影響で、当初街からマスクが消えてしまったのはまだ記憶に新しいですよね。そこで、政府が日本中の全世帯に2枚ずつ布マスクを配布したのが「アベノマスク」です。

なかなか手元に届かなかったり、異物混入などの問題が取り沙汰されるなど、世間を騒がせましたが、アベノマスクをリメイクする動画などの影響によって、有効活用する人も増えました。

トップ10:アマビエ/湯本 豪一 さん(妖怪研究家)

現在ではすっかりポピュラーとなったアマビエ(アマビコ)。もともとは江戸時代に誕生した妖怪です。

疫病をおさめるためにその姿を描き残し、収束を願ったという伝説がSNSなどを中心に拡散され、今では日用品雑貨、文房具、書籍、日本酒など3千以上の関連グッズを生み出すほどの人気キャラクターとなりました。

トップ10:オンライン○○/株式会社 東北新社の皆さん

新型コロナウイルスの感染予防をするために、あらゆるものが急速にオンライン化されて行きました。

仕事ではオンライン会議、学校の授業はオンライン授業というように、日常生活でもオンライン化の波が押し寄せました。

そしてこのオンライン需要の影響で、パソコンやタブレットなどの周辺機器からデスクやチェアといったテレワーク関連グッズまで、さまざまな関連商品の売上が伸びたのも事実です。

トップ10:鬼滅の刃/吾峠 呼世晴 さん

吾峠 呼世晴(ごとうげ こよはる)さん原作の漫画からアニメ、映画と一躍ブームを巻き起こした「鬼滅の刃」。今やテレビやインターネットなどで、この「鬼滅の刃」を見ない日はありませんよね。

小さい子どもから大人まで、多くの人を魅了する世界観はもちろん、登場人物の着物の柄も大流行しました。2020年10月16日(金)に公開された『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』は、観客動員数2,000万超、累計興行収入275億円突破(11月30日時点)。日本映画興行収入第2位だった『タイタニック』の記録を塗り替えました。

トップ10:Go Toキャンペーン/Go Toトラベル・イートを活用した皆さん

gotoキャンペーン

photo by Go To トラベル事業公式サイト

政府が経済活性化を目的に始めたGo Toキャンペーンは、Go Toトラベル、Go Toイート、Go To商店街、Go Toイベントの4つの分野で展開。

開始早々、制度の欠陥を指摘されたり「錬金術」などと揶揄されて想定外の問題が発生するなど、話題を集めました。

トップ10:ソロキャンプ/ヒロシ さん(芸人)

オンライン化が進み、どんどん暮らしが便利になっていくのとは一方で、効率や便利さとは真逆ともいえる「ソロキャンプ」がブームとなっています。

他人を気にせず、自由気ままにひとりでキャンプができるという「ソロキャンプ」。

一過性のブームではなく、「ソロキャンプ」のファンがその魅力を発信し、一般的な趣味としても定着し始めています。

トップ10:フワちゃん/フワちゃん さん(ユーチューバー、芸人)

フワちゃんは、登録者数70万人を超えている「フワちゃんTV」というYoutubeチャンネルを開設しています。

歯に衣着せぬ物言いや、カラフルで奇抜なファッション、そしてどんな相手でも「タメ口」というフワちゃんスタイルは多くの人の支持され、今ではテレビで見ない日はありませんよね。

YoutTube発信の芸人として、お笑い界に新たな風を巻き起こしています。

【流行語大賞2020】ノミネートされた30のワード一覧

  1. 愛の不時着/第4次韓流ブーム
  2. 新しい生活様式/ニューノーマル
  3. あつ森
  4. アベノマスク
  5. アマビエ
  6. ウーバーイーツ
  7. AI超え
  8. エッセンシャルワーカー
  9. おうち時間/ステイホーム
  10. オンライン○○
  11. 顔芸/恩返し
  12. カゴパク
  13. 鬼滅の刃
  14. クラスター
  15. 香水
  16. GoToキャンペーン
  17. 3密(三つの密)
  18. 自粛警察
  19. Zoom映え
  20. 総合的、俯瞰的
  21. ソーシャルディスタンス
  22. ソロキャンプ
  23. テレワーク/ワーケーション
  24. 時を戻そう(ぺこぱ)
  25. Niziu(ニジュー)
  26. 濃厚接触者
  27. BLM(BlackLivesMatter)運動
  28. PCR検査
  29. フワちゃん
  30. まぁねぇ~(ぼる塾)

※50音順

去年の流行語大賞2019のラインナップは?

ちなみに去年の「流行語大賞2019」の年間大賞・トップ10のラインナップは覚えていますか。 今年と比べてどんなワードがランクインしていたのか、一緒に振り返ってみましょう!

【流行語大賞2019】年間大賞

ONE TEAM/ラグビー日本代表

【流行語大賞2019】トップ10

  • 計画運休/国土交通省さん
  • 軽減税率/秋葉弘道 さん(有限会社 アキダイ代表取締役社長)
  • スマイリングシンデレラ/しぶこ 渋野 日向子 さん(プロゴルファー)
  • タピる/華恋さんと奈緒さん(たぴりすと。)
  • KuToo/石川優実さん(アクティビスト)
  • ◯◯ペイ/PayPay株式会社さん
  • 免許返納/免許返納された全ての人
  • 闇営業/FRIDAY編集部さん
  • 令和/御田良知さん(坂本八幡宮 宮司)

【流行語大賞2019】選考委員特別賞

後悔などあろうはずがありません/鈴木一朗さん

やはりその年を象徴する「流行語」とあって、このワードのラインナップを見るだけで、去年の様子が思い出されますね。

新語・流行語大賞に選ばれたワードで1年を振り返ってみよう!

新語・流行語大賞は、その年を象徴する「ことば」です。

惜しくも受賞を逃してしまったワードの中にも、今年を思い起こさせるワードがたくさんあります。

ノミネートされたワードも含め、今年の新語・流行語を振り返りながら、自分にとってのトップ10ワードを家族や友人と共有するのも楽しいですね!

ライター:きくち まい

【記事バナー】「美4サロン」ブライダルエステお試しプラン初回お試し価格5,000円

「美4サロン」ブライダルエステ選べるお試しプラン

ブライダルエステ専門店ならではの、丁寧なカウンセリングと細やかなケアで、花嫁様を『ドレスの似合う姿』へ導いていきます。
お試し体験プランでお悩みにあわせて効果を体感してください。

> 詳細はこちら
毎日明るいニュースを配信します!
LINE友達追加
毎日明るいニュースを配信します!
LINE友達追加