2020年の冬至はいつ?冬至にかぼちゃと柚子湯に入ることで運気アップ!

2020年の冬至はいつ?冬至にかぼちゃと柚子湯に入ることで運気アップ!

冬至(とうじ)とは1年のなかでもっとも昼間が短く、夜が長い日のこと。

そんな冬至には、かぼちゃを食べたり、ゆず湯に浸かることで運気がアップするという風習があるのをご存知でしたか?

気になる2020年の冬至がいつなのか、なぜ運気があがるといわれているのかをまとめました。

そもそも冬至とはどんな日?

冬至とは「二十四節気」のひとつで、1年で夜が最も長く、昼が最も短い日のこと。天文学的に太陽が一番南にある状態にあり、毎年12月21日か22日が冬至の日として定められます。

太陽の力が一番弱まる日であることから、中国や日本では「この日を境に再び力が甦ってくる日」といわれ、冬至の別名を「一陽来復(いちようらいふく)の日」として古くから縁起のいい日とされてきました。

そのため冬至を境に運気も上昇するとして、栄養価の高いかぼちゃを食べ、身体が温まるゆず湯に入ることで、無病息災を願いながら寒い冬を乗りきる風習がいまでも残っています。

気になる2020年の冬至はいつ?

2020年今年の冬至は、12月21日月曜日となっています!

また、次の二十四節気は「小寒」の2021年1月5日となり、12月21日からそれまでの15日間が冬至の節気となります。

冬至と夏至の関係は?

冬至とは反対に、もっとも昼が長い日のことを夏至(げし)といいます。

冬至と同様に二十四節気に基づいた暦の呼び方で、いずれも太陽の動きに基づいています。

また、二十四節気は1年を24等分し、夏至と冬至の中間の日を春分・秋分と定めています。

2020年6月21日(日)の夏至は、アフリカ大陸からユーラシア大陸、日本、オーストラリアまで、地球上の広範囲で日食が観測され、日本で夏至と日食が重なったのはなんと372年ぶりだったそうです!

冬至には「かぼちゃ」を食べる!

体内でビタミンAに変わるカロテンや、ビタミンB1、B2、C、E、食物繊維をたっぷり含んだ緑黄色野菜「かぼちゃ」。

かぼちゃは夏から秋に収穫されますが、カットしなければ2~3カ月の長期保存が可能な食材として、野菜の収穫がなくなる冬場も重宝されていた野菜でした。

栄養価の高いかぼちゃを野菜の不足する冬の時期に食べることで、厳しい冬を元気に乗り切ろうというという先人の知恵から、冬至にはかぼちゃを食べる風習が残っているのです。

また、かぼちゃは運盛りの野菜と呼ばれる「冬の七草」のひとつに属し、冬至を境に運を盛り返すという意味でも、かぼちゃを食べることで運気がアップすると言われています。

「ゆず湯」に浸かるのも冬至の風習のひとつ♪

1838(天保9)年刊行、江戸の年中行事を紹介する「東都歳事記(とうとさいじき)」によれば、「冬至、今日銭湯風呂屋にて柚湯を焚く」といった記述が残っています。

これは「冬至」を「湯治」に、「ゆず」を「融通が利く」(=体が丈夫)にかけて、お風呂屋さんがはじめた縁起もののイベントであるとされています。

ゆずは香りも強いため、邪気を避けて運を呼び込む厄払いの目的でも使用されることもあり、実際に柚子の果皮には風邪の予防や保湿にいいとされるビタミンCや、血行改善を促すといわれるヘスペリジン(フラボノイド)などが豊富に含まれています。

12月21日には「かぼちゃ」と「ゆず湯」で運気をアップさせましょう♪

なんとなく冬至を「暦上、冬が到来する日」というイメージだけで考えていた方も多いのではないでしょうか?

冬至はその日を境に運気が上がっていく、縁起のいい日です!

冬至が過ぎれば、少しずつ日が長くなっていきますが、寒さはこれからが本番。

「かぼちゃ」を使った料理と「ゆず湯」で体と運気を温めながら、この冬を乗り切りましょう!

ライター:おくやまいたる

RURE MORINGA パウダー

Nature’s Chest
「PURE MORINGAパウダー」

生産~日本国内での加工までの丁寧な処理により、モリンガの高い栄養素をそのまま取り入れることでできるおすすめアイテムです!

> 詳細はこちら