【おかえりモネ】あらすじネタバレ第1週|気象予報士は魔法使い!?「誰かの役に立ちたい」と立ち上がるモネ

朝ドラ『おかえりモネ』第1週イメージ

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト

2021年5月17日(月)、ついに放送をスタートした注目の朝ドラ『おかえりモネ』。ここでは、第1週(5月17日〜5月21日)の放送内容(あらすじ)とみんなの反応を振り返ります。

ネタバレ注意の内容になりますので、まだご覧になっていない方はご注意くださいね!

キャスト情報はこちら

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト朝ドラの愛称で親しまれている、NHKの朝の連続連続テレビ小説。『おちょやん』が2021年5月14日(金)に最終回を迎え、5月17日(月)、2021年前期の朝ドラ『お[…]

朝ドラ「おかえりモネ」ロゴ(photo by NHK)

『おかえりモネ』第1週あらすじ【ネタバレ注意】

物語は、2014年春の宮城県気仙沼市からスタートします。

宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った主人公・永浦百音(清原果耶)。彼女は高校卒業を機に、宮城県内陸の登米市の大山主・新田サヤカ(夏木マリ)の自宅に下宿しながら、サヤカ(夏木マリ)が代表を務める森林組合の見習い職員として働き始めます。

娘である百音(清原果耶)のことを心配に思う父・耕治(内野聖陽)は、頻繁に百音に電話をしてしまいますが、忙しい日々を送る百音(清原果耶)とはなかなか連絡が取れません。

そんな中、全国で人気の気象キャスター・朝岡(西島秀俊)が、東京から登米にやって来るというビックイベントが!想定外の事態に町は大騒ぎに。実は百音(清原果耶)と同居しているサヤカ(夏木マリ)と朝岡(西島秀俊)は、ある縁があったのです…。

さあ、一体どんなストーリー展開となるのでしょうか!? あらすじを第1話から見ていきましょう。

『おかえりモネ』第1週1話(5月17日月曜日放送)あらすじ【ネタバレ注意】

朝ドラ『おかえりモネ』の主人公・モネ(清原果耶)

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト

舞台は主人公・百音が生まれた、宮城県気仙沼市の小さな島・亀島。台風直撃の海を渡って生まれてきた百音は、幼い頃から海の町で育ちましたが、卒業を機に山に囲まれた、宮城県内陸の登米市で働きはじめます。

気象キャスター・朝岡(西島秀俊)がテレビで伝える天気予報通り、雨が降り始める中、突然木のことを教えるというサヤカ(夏木マリ)に連れられ山へと入るモネ。

ぬかるみに足を取られ、立ち上がりながら見上げた空には、「見ると良いことがある」と言わている彩雲が輝いていたのでした。

続きはこちら

このドラマの主人公は、清原果耶さん演じる永浦百音、愛称モネです。宮城県の離島にある海の町で育ち、現在は森林組合で働いていますが、とある気象予報士との出会いをきっかけに、故郷の役に立つべく自分も同じ道を目指していきます。[…]

モネ第一話

『おかえりモネ』第1週2話(5月18日火曜日放送)あらすじ【ネタバレ注意】

【おかえりモネ】あらすじネタバレ第1週2話に登場する朝岡(西島秀俊)

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト

山の中で、サヤカ(夏木マリ)がモネ(清原果耶)に見せたかったのは、樹齢300年のヒバの木。長い時間をかけてゆっくりと成長するヒバを通し、あせる必要はないとモネ(清原果耶)に伝えるのでした。

それでもテレビのインタビューで堂々と夢を語る妹・未知(蒔田彩珠)や、「人を命を救いたい」と思って医師になった菅波光太朗(坂口健太郎)と、自分を比較してしまうモネ(清原果耶)。

そんな中、モネの勤務先の森林組合に、突然気象キャスターの朝岡覚(西島秀俊)が姿を現したのです!

続きはこちら

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト放送後たちまちTwitterトレンド1位になるなど好調なスタートを切った朝ドラ『おかえりモネ』。前回は海の町で育ったモネ(清原果耶)が、高校卒業を機に生まれ[…]

【おかえりモネ】あらすじネタバレ第1週2話に登場する朝岡(西島秀俊)

『おかえりモネ』第1週3話(5月19日水曜日放送)あらすじ【ネタバレ注意】

『おかえりモネ』第1週3話のイメージ

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト

突線現れた気象予報士の朝岡覚(西島秀俊)に森林組合は大騒ぎ。しかしヒメこと新田サヤカ(夏木マリ)の知り合いということがわかりました。

朝岡覚(西島秀俊)を交えサヤカ(夏木マリ)の家で宴会をしていると、森林組合の課長、佐々木翔洋(浜野謙太)が朝岡(西島秀俊)とサヤカ(夏木マリ)の関係を話題に。するとサヤカ(夏木マリ)返ってきた言葉が…!

続きはこちら

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト前回の放送では、森林組合で下宿をしながら楽しく働きながらも「本当は何をやりたいのか」を見つけられず悩んでいる様子だったモネ(清原果耶)。そんな中、突然テレビ[…]

気象予報士の浅岡と話すモネ

『おかえりモネ』第1週4話(5月20日木曜日放送)あらすじ【ネタバレ注意】

『おかえりモネ』第1週4話のイメージ

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト

朝岡(西島秀俊)の希望により、森林セラピーに案内するモネ(清原果耶)と森林組合の課長・佐々木翔洋(浜野謙太)。

その途中、これから10分後に雨が降るかもしれないという朝岡(西島秀俊)の言葉を受け、急いで山を降りることに。すると朝岡(西島秀俊)の予測通り、本当に10分後に雨が降ったではありませんか!

モネ(清原果耶)はマジシャンのように未来を予測できる朝岡(西島秀俊)の言動に目を輝かせるのでした。

続きはこちら

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト前回の放送では、熱意を注げる「好きなもの」が見つからないと嘆くモネ(清原果耶)を「健全だ」と新田サヤカ(夏木マリ)が励ます心温まるシーンが印象的でした。ラストでは、[…]

天気の行方を見守るモネ

『おかえりモネ』第1週5話(5月21日金曜日放送)あらすじ【ネタバレ注意】

『おかえりモネ』第1週5話イメージ

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト

突然の大雨により、街の一大イベント「能舞台」の中止が心配されましたが、朝岡覚(西島秀俊)の見事な天気予報で無事に開催することできました。度重なる朝岡(西島秀俊)の幅広い知識にワクワクと感動が止まらないモネ(清原果耶)。

そんな朝岡(西島秀俊)が、明日の朝帰ることに。最後にこの街で見たいものがあるという朝岡(西島秀俊)とともに、翌朝みんなでその場所へと向かいます。

向かった先にあったのは、雲の中にいるような美しい移流霧の絶景。しかし、景色に見惚れていたモネ(清原果耶)の表情がみるみると曇り出したのです…。

続きはこちら

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト前回の放送では、雨が降って街の一大イベント「能舞台」の中止が心配されましたが、朝岡覚(西島秀俊)の見事な天気予報で無事開催できました。度重なる朝岡(西島秀俊)の幅広[…]

風車を見上げるモネ

『おかえりモネ』第2週予想!意味深な発言が多い菅波先生(坂口健太郎)の謎が明らかに?!

第1週の放送は、モネ(清原果耶)が故郷から飛び出した経緯や「人の役に立ちたい」という思いと向き合うシーンが多く描かれていました。

しかし、菅波先生(坂口健太郎)の意味深な発言は謎のまま…。その辺りが第2週が明かされるのかもしれません。また、まだ姿をみせていない永瀬廉さん演じるモネの同級生・及川亮の登場も気になるところ…!

第2週が待ち遠しいですね。来週の放送もお楽しみに!

次週の内容はこちら

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイトモネ(清原果耶)を連れ帰るべく、突然登米に現れた耕治(内野聖陽)。娘への一方的な思いをサヤカ(夏木マリ)にたしなめられながらも、久しぶりに親子で話し合う時間が持てた[…]

父とコミュニケーションをとるモネ
こちらも読みたい

photo by 日曜劇場「ドラゴン桜」公式サイト一部の企業では年度が明け、学生さんであれば新学期を迎えたりと、何かと心機一転・気分新たに出発をするというイメージがある4月。テレビ番組も改変の時期にあたるため、4月[…]

【記事バナー】黒毛和牛焼肉うしくろ_最高級A5ランクの黒毛和牛をお手頃価格で

焼肉なら「黒毛和牛焼肉 うしくろ」へ

お客様の笑顔のために、うしくろでは本物にこだわった「A5ランク」の黒毛和牛を適正価格でご提供しております。ご自宅では味わえない最高級の味をぜひお試しください。

> 詳細はこちら