【おかえりモネ】あらすじネタバレ1週5話|震災を思い出し悲しむモネに美しい彩雲が光を差す

風車を見上げるモネ

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト

前回の放送では、雨が降って街の一大イベント「能舞台」の中止が心配されましたが、朝岡覚(西島秀俊)の見事な天気予報で無事開催できました。度重なる朝岡(西島秀俊)の幅広い知識にワクワクと感動が止まらないモネ(清原果耶)。
翌日、東京に帰る朝岡(西島秀俊)が、最後にこの街で見たいものがあると新田サヤカ(夏木マリ)に告げます。彼が見たかったものとは、一体何なのでしょう。

前回の放送はこちら

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト前回の放送では、熱意を注げる「好きなもの」が見つからないと嘆くモネ(清原果耶)を「健全だ」と新田サヤカ(夏木マリ)が励ます心温まるシーンが印象的でした。ラストでは、[…]

天気の行方を見守るモネ

【おかえりモネ】5話のあらすじネタバレ!モネ(清原果耶)の心のモヤモヤが晴れてくる

おじいちゃんに電話するサヤカ

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト

森林組合と街の人たちが「能舞台」の成功を祝って楽しんでいるところに、モネ(清原果耶)のおじいちゃん(藤竜也)からサヤカ(夏木マリ)へ電話が入ります。横でラフターヨガの笑いを披露する声を電話口に聞かせて、「モネは素直でいい子」と言うサヤカ(夏木マリ)の言葉に、ほっとしながらもどこか寂しい声を出すモネのおじいちゃん(藤竜也)。

電話で語られたモネ(清原果耶)の過去。音楽が得意で周りからも親しまれていたが、高校に行った頃から大人しくなり、心配になったが「思春期だから仕方ない」と思っていたそう。

高校を卒業するときに、家業を継ぐかモネ(清原果耶)に聞いたところ「とにかく私はこの島から離れたい」と言い、気仙沼の地元を離れたと話します。多くの理由は語られませんでしたが、モネ(清原果耶)の家族には溝があるのかな?という印象です。

東京から登米市に遊びに来ていた朝岡(西島秀俊)が、明日の朝帰ることに。「もっとゆっくりしていけばいいのに」と言うサヤカ(夏木マリ)に、朝岡(西島秀俊)が最後にこの街で見たいものがあると言うので、翌朝みんなでその場所へと向かいます。

向かったのは北上川。雲の中にいるような美しい移流霧の絶景にモネ(清原果耶)や朝岡(西島秀俊)、サヤカ(夏木マリ)、佐々木翔洋(浜野謙太)は言葉を失います。

物思いにふけるモネ

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト

しかし、景色に見惚れていたモネ(清原果耶)の表情がみるみると曇り出します。地元気仙沼の毛嵐と呼ばれる景色と移流霧が似ていたため、3年前に起こった震災を思い出したみたいです。

気仙沼の景色が好きだったモネ(清原果耶)ですが、震災があったあの日に「私、何もできなかった」と涙。そんな心の傷を察した朝岡(西島秀俊)は、「霧はいつか晴れます」と優しく語りかけます。

震災の日を思い出したモネ(清原果耶)は、心境に変化があったのか、連絡を避けていたお父さん(内野聖陽)にメールを書きました。最初は「島がイヤなわけじゃない」と自分の思いの丈を綴ろうとしますが、何かを決意したかのように「わたしは、ここにいます」とメールを送信。顔を見上げたときのモネ(清原果耶)の表情は、どこか晴れやかな印象です。

帰り間際の朝岡と話すモネ

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト

帰り間際の朝岡(西島秀俊)に、モネ(清原果耶)は見てもらいたいものがあると彩雲の写真を見せます。「彩雲を見るといいことがある」と信じていたモネ(清原果耶)ですが、朝岡(西島秀俊)は「それは迷信」とバッサリ切り捨てます。しかし、すぐに「空を見て雲が綺麗だと思えた時点で、その人は前向きになれていると思います」と優しいフォロー。

もう一度、彩雲を見たいと言うモネ(清原果耶)に、朝岡(西島秀俊)がまたしても10分後に彩雲を予報。もしも予報が外れたら連絡をくださいと言い残し、モネ(清原果耶)に名刺を渡して東京へと帰ります。

予報通り、朝岡(西島秀俊)が示した方角に彩雲を発見し、感動と喜びに満たされたモネ(清原果耶)。彼女にとって「ここには何かがある」と、光が差した日となりました。

キャスト/相関図はこちら

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト朝ドラの愛称で親しまれている、NHKの朝の連続連続テレビ小説。『おちょやん』が2021年5月14日(金)に最終回を迎え、5月17日(月)、2021年前期の朝ドラ『お[…]

朝ドラ「おかえりモネ」ロゴ(photo by NHK)

【おかえりモネ】第5話みんなの感想

モネ(清原果耶)が震災の悲しみや苦しみを忘れられずにいる姿に、Twitterでは多くの方が共感を寄せています。

モネ(清原果耶)が朝岡(西島秀俊)に彩雲の写真を見せるシーンに絶賛の声が多く見受けられました。

おかえりモネは、セリフが美しいとも評判。役者さんの演技力はもちろんですが、優しい名言の数々も楽しみです。

【おかえりモネ】6話予想!まだ明かされていない謎が解明されるか?

今回の放送は、モネ(清原果耶)が過去と向き合うシーンが多く描かれていました。しかし、ドラマ放送開始からまだ明かされていない朝岡(西島秀俊)とサヤカ(夏木マリ)の関係や、意味深な発言が多い菅波先生(坂口健太郎)の謎が明かされていません。

第2週では、これらの謎が明かされるのでしょうか。今から次回の放送が待ち遠しいですね。

次回は来週月曜日、5月24日の放送もお見逃しなく!

第1週の内容はこちら

photo by 連続テレビ小説「おかえりモネ」公式サイト2021年5月17日(月)、ついに放送をスタートした注目の朝ドラ『おかえりモネ』。ここでは、第1週(5月17日〜5月21日)の放送内容(あらすじ)とみんな[…]

朝ドラ『おかえりモネ』第1週イメージ

ライター:くらいし

こちらも読みたい

photo by 日曜劇場「ドラゴン桜」公式サイト一部の企業では年度が明け、学生さんであれば新学期を迎えたりと、何かと心機一転・気分新たに出発をするというイメージがある4月。テレビ番組も改変の時期にあたるため、4月[…]

【記事バナー】黒毛和牛焼肉うしくろ_最高級A5ランクの黒毛和牛をお手頃価格で

焼肉なら「黒毛和牛焼肉 うしくろ」へ

お客様の笑顔のために、うしくろでは本物にこだわった「A5ランク」の黒毛和牛を適正価格でご提供しております。ご自宅では味わえない最高級の味をぜひお試しください。

> 詳細はこちら