SDGs目標10「人や国の不平等をなくそう」 | 現状とその取り組み・私たちにできること

SDGs目標10「人や国の不平等をなくそう」 | 現状とその取り組み・私たちにできること

テレビやSNSなどでも連日取り上げられているSDGs17の目標の中でも、SDGs10「人や国の不平等をなくそう」について詳しくご紹介します。SDGs10の目的やターゲット、各企業の取り組みや私たちにできることについて、チェックしていきましょう。

SDGs目標10「人や国の不平等をなくそう」とは?

SDGs10「人や国の不平等をなくそう」という目標は、発展途上国だけの問題ではありません。
世界中のそれぞれの国の中で起こっている不平等や、国同士の不平等を正すことが目的となっています。

国内で起こっている不平等や国家間の不平等は、経済格差や人種、年齢や性別、障がいの生むなどによる差別が起こるだけでなく、国や世界の経済成長の妨げとなる大きあ問題です。
そこで、小さな問題から大きな問題まで、たくさんの人が問題意識を持つことで一歩ずつ不平等のない世界を作り上げていくことが大切と言えるでしょう。
具体的には、低所得者や世帯に対して所得がアップできるような平等な機会の提供、平等な能力アップの機会の提供などが必要です。

SDGs目標10のターゲットを分かりやすく解説!

SDGs10「人や国の不平等をなくそう」という目のターゲットについては、以下の表で示しました。
10.1~10.7までの数字で表されている項目については、「達成目標」となっており、10a、10.bのアルファベットで示されているものについては「実現のための方法」の全部で9つのターゲットが設定されています。
各国それぞれの目標だけでなく、国家間の経済格差を考慮し、発展途上国が輸出する際の優遇措置や。「発展途上国への資金流入の促進」といった内容も含まれています。

ターゲット内容
10.12030年までに、各国のなかで所得の低いほうから40%の人びとの所得の増え方が、国全体の平均を上回るようにして、そのペースを保つ。
※所得:お給料など働いて得るお金や、持っている資産からの収入など。
10.22030年までに、年齢、性別、障がい、人種、民族、生まれ、宗教、経済状態などにかかわらず、すべての人が、能力を高め、社会的、経済的、政治的に取り残されないようにすすめる。
10.3差別的な法律、政策やならわしをなくし、適切な法律や政策、行動をすすめることなどによって、人びとが平等な機会(チャンス)をもてるようにし、人びとが得る結果(たとえば所得など)についての格差を減らす。
10.4財政、賃金、社会保障などに関する政策をとることによって、だんだんと、より大きな平等を達成していく。
10.5世界の金融市場と金融機関に対するルールと、ルールが守られているか監視するシステムをより良いものにして、ルールが、よりしっかりと実行されるようにする。
10.6世界経済や金融制度について何か決めるときに、開発途上国の参加や発言を増やすことによって、より効果的で、信頼できる、だれもが納得することのできる制度を作る。
10.7計画にもとづいてよく管理された移住に関する政策を実施するなどして、混乱がなく安全で、手続きにしたがい責任ある形の移住や人びとの移動をすすめる。
10.a開発途上国、特にもっとも開発が遅れている国ぐにに対して、世界貿易機関(WTO)協定にしたがって、貿易において、特別な、先進国と異なる扱い※をする。
※先進国に安く輸出したり、国内産業を守るために輸入品に高い関税をかけるなど
10.bもっとも開発が遅れている国や、アフリカ諸国、開発途上の小さい島国、内陸の開発途上国などの、もっとも資金を必要とする国ぐにへ、それらの国の計画にそって、政府開発援助※や直接投資などの資金が流れるようにする。
※政府開発援助(ODA):先進国の政府などが、開発途上国の経済や社会の発展、福祉の向上に役立つために、資金・技術を提供すること。
10.c2030年までに、移住労働者※が、自分の国にお金を送る時にかかる費用が「送る金額の3%」より低くなるようにし、「送る金額の5%」を超えるような費用がかかる送金方法をなくす。
※移住労働者:開発途上国から出稼ぎに出ている人など、母国をはなれて外国に出て働いている人

掲載元:10.人や国の不平等をなくそう | SDGsクラブ | 日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)

上記のように、SDGs10では、達成目標と実現のための方法を明確に定めています。
「2030 年までに、各国の所得下位 40%の所得成長率について、国内平均を上回る数値を漸進的に達成し、持続させる。」という内容のように、具体亭な時期や数値目標まで明記されているので、各国でどの程度達成されたか、という結果も明確に出るということになります。
そのため、各国で各目標についてしっかり取り組まなければいけません。

SDGs目標10「人や国の不平等をなくそう」が必要な理由と現状の課題

SDGs10「人や国の不平等をなくそう」という目標ができたい背景には、現状で世界が抱えている課題があります。
では、具体的に世界中で起こっている不平等が原因で、どのような問題が起こっているのでしょうか。
1つずつ詳しくチェックしてみましょう。

「99%のための経済(An Economy for the 99%)」

世界90カ国以上で活動している世界中の貧困と不正を根絶する目的団体「オックスファム」が2017年に発表した「99%のための経済」には驚くべく内容が記されていました。

その内容は、「世界でもっとも豊かな8名が、世界の貧しい半分の人数である約36億人に匹敵する資産を持っているということがわかった」ということです。
また、「10人にひとりが1日2ドル以下で暮らすことを余儀なくされている中で、ごく小数の人達が莫大な富を持っている」ということも書かれています。

このように、経済格差が広がれば広がるほど経済的に苦しくなる人が増えていくため、経済格差を含めてあらゆる格差をなくすためのSDGs目標10「人や国の不平等をなくそう」が掲げられました。

命の格差が貧富の差で生まれている

世界中の人々の命は平等で、それは誰も侵害することはできないはずですが、経済格差だけでなく貧富の差が大きくなることで「命の格差」が生まれていることも事実です。

SDGs3「すべての人に健康と福祉を」という目標とも繋がりますが、もっとも貧しい世帯の子どものうち、5歳未満で亡くなる子どもは、もっとも豊かな子どもたちの約3倍にものぼると言われています。

お金があれば防げる病気や、お金があれば治せる病気でなくなってしまう子ども達が世界中にいます。

これは、経済格差によって「命の差」が生まれていることを指していると言っても過言ではありません。

このように命の格差が生まれないよう、ほんの一部の人に集まった富を再分配する仕組みを作り、貧しい人にはしっかりと手を差し伸べる支援がSDGs目標10には必要です。

世界で起こっているさまざまな格差や差別

経済格差や命の格差以外にも、世界中ではさまざまな格差や差別が起こっています。

世界中のすべての人々、すべての国が不平等をなくすためには、まずどんな不平等が起こっているのかを知る必要があります。

ジェンダー格差

以前に比べて浸透しつつある「LGBT」に対する差別や、世界中の女性議員が少ないという問題、農村部と都市部の女性とで、出産時の死亡率が3倍もの差がある、などの課題があります。
ひとことに「ジェンダー格差」といってもさまざまな差別があることを認識する必要があります。

人種差別・少数派への差別

生まれた地域や肌の色、住む場所などさまざまなことが要因でも差別が起こっているという事実があります。

働く人の不平等

働いても稼げないような低賃金で働かされている人たちは、日本では考えられないような低賃金で過酷な労働を強いられています。
このような人々の権利や生活を守り、収入アップのための支援が必要です。

各国で行われているSDGs目標10への取り組み

世界各国ではSDGs10の目標への取り組みとして、さまざまな施策を講じていますが、なかでも「フェアトレード」に力を入れている国が多くあります。
フェアトレードとは、「生産者・消費者間で適正な価格で取引が行われるような仕組み」を指します。

例えば、コーヒーや綿花などを作る立場の弱い発展途上国の人々が、不当な値段で商品を買い叩かれるということが横行すると、発展途上国の人々の生活だけでなく、健康や教育にも影響してしまいます。

そのため、お互いにフェアに取引できるよう、国や団体が厳しくチェックしながらフェアトレードを促していく必要があります。

日本でもフェアトレードジャパンなどの団体が積極的に活動しています。

日本の企業によるSDGs目標10への取り組み事例

私たちの住む日本でも、SDGs10「人や国の不平等をなくそう」という目標に対し、積極的に取り組んでいる企業がたくさんあります。

数ある企業やその取り組みの中で、いくつかご紹介します。

「ウーマンズ リーダーシップ インスティテュート株式会社」のSDGs目標10への取り組み事例

「ウーマンズ リーダーシップ インスティテュート株式会社」のSDGs目標10への取り組み事例

photo by インスティテュート株式会社

ウーマンズ リーダーシップ インスティテュート株式会社は、その名の通り「女性のリーダー育成」を目的として設立された会社です。

内閣人事局や各種省庁、世界的企業の上位500のリーダーや管理職の育成を手掛けています。

そんなウーマンズ リーダーシップ インスティテュート株式会社が行うSDGs10の取り組みについてご紹介します。

  • ダイバーシティ推進
    超高齢化社会を迎えた日本において、生産人口の減少やダイバーシティの推進が大きな課題となっています。
    しかし、昔から一律的な価値観や働き方が重要視されていたことから、ダイバーシティ推進を推し進められるような人材育成を行っています。

社名ウーマンズ リーダーシップ インスティテュート株式会社 /Institute of Women’s Leadership
本社所在地東京都中央区銀座5-6-12 MIYUKIビル7F
事業内容企業研修、セミナー、イベント、講演の企画、立案及び実施など
公式サイトhttps://womensleadership.co.jp/

「株式会社かんぽ生命保険」のSDGs目標10への取り組み事例

「株式会社かんぽ生命保険」のSDGs目標10への取り組み事例

photo by かんぽ生命

日本郵政のグループ企業である株式会社かんぽ生命保険は、言わずもしれた大企業です。

日本郵政グループとして培ったネットワークで、日本全国の人々に生命保険を提供しています。

そんな株式会社かんぽ生命保険では、SDGs目標10「人や国の不平等をなくそう」に対して以下のような取り組みを行っています。

  • ダイバーシティの推進
    日本の企業に足りない「多様性」に重きをおき、さまざまな人材が働きやすい職場をつくるため、人事部に「ダイバーシティ推進室」を設置し、障がい者雇用の推進やLGBTフレンドリーなどを推進しています。
  • 女性活躍推進
    女性社員のキャリア形成を目的とした「管理職などへの雇用拡大」や「女性社員の育成」に力を入れています。

社名株式会社かんぽ生命保険/JAPAN POST INSURANCE Co.,Ltd.
本社所在地東京都千代田区大手町二丁目3番1号大手町プレイスウエストタワー
事業内容生命保険業
公式サイトhttps://www.jp-life.japanpost.jp/

「株式会社 日本エスコ」のSDGs目標10への取り組み事例

「株式会社 日本エスコ」のSDGs目標10への取り組み事例

photo by 株式会社日本エスコ|環境・SDGs

株式会社日本エスコは、家庭用・業務用限らずさまざまなディスポーザーを扱う会社です。

ディスポーザー自体が「エコ」で「地球環境に優しい商品」のため、会社自体もSDGs目標10「人や国の不平等をなくそう」に積極的に取り組んでいます。

そんな株式会社日本エスコが取り組む内容についてご紹介します。

  • 障害者の自立と社会参加支援
    株式会社日本エスコでは、1998年から文京区にある福祉作業所「大塚福祉作業所」の就労支援を行っています。
    障がいを持つ方でも社会的に自立ができるよう支援をしながら、クリスマスにお菓子や飲み物を配りながら福祉作業所の利用者の方々と交流を続けています。

社名株式会社 日本エスコ
本社所在地東京都港区芝大門2-9-17 戸部ビル4階
事業内容家庭用/業務用ディスポーザーの輸入・販売など
公式サイトhttps://www.esco-j.com/index.html

SDGs目標10「人や国の不平等をなくそう」に対して私たちができること

日常生活において「人の平等」や「国の平等」を強く意識する場面は少ないですが、知らないうちに不平等や差別・格差が生まれてしまっている場合があります。

そんな状況を変えるために何ができるのでしょうか。

SDGsの理念のように「持続可能な」という点を意識した場合、無理なく「肩肘を張らずに、スマートに」できることが大切です。

そこで、SDGs目標10「人や国の不平等をなくそう」に対して、私たちが無理することなく、すぐにできることをいくつかご紹介します。

不平等をなくすための運動や募金活動に参加する

一個人がお金や時間を使ってSDGs10「人や国の不平等をなくそう」という目標に対する取り組みを始めるのは困難です。

そのため、すでに取り組みを行っている団体などに寄付をすることで支援することができます。

例えば、フェアトレードジャパンでは、個人の場合は「今回限り3000円」や、「毎月継続で500円」など、無理のない範囲で寄付をすることができます。

支払い方法もクレジットカードや銀行振込が利用できるので、いつでも簡単に寄付することができます。

他にも、不合理な差別などに苦しむ人を支援する「公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本」など、いろいろな寄付先がありますので、応援したい団体を探してみるのも良いでしょう。

フェアトレードの商品を購入する

商品を購入する場合、同じものであればなるべく安いものが良いという人が多いですが、安い商品の先には日本では考えられないような低賃金で働くことを強いられている人がいるかもしれません。

そこで、SDGs10に対する支援を検討している場合は、フェアトレードの商品を購入することも支援に繋がります。

フェアトレードの商品には、「国際フェアトレード認証ラベル」がついています。

この「国際フェアトレード認証ラベル」がついた商品をたくさんの人が購入することで、発展途上国で働くたくさんの人々を支援することができます。

国際フェアトレード認証ラベルがついた商品にはいろいろな種類がありますので、ぜひ、お買い物の際にチェックしてみてくださいね。


いじめや差別をしない・させない

私たちの身の回りでも、性別や障がいの有無、人種や肌の色などで無意識に差別・ハラスメントをしてしまっている場合があります。

本人は「いじめ」や「差別」と思っていない場合でも、無意識に差別をしてしまっていると、認識を正すことも困難です。

そこで、「これは問題ないだろうか」など日々の行いを見直すことはもちろんのこと、子どもたちにもいじめや差別をしない教育が非常に大切です。

いじめや差別を見聞きした際、勇気を持って一言注意してみたり、職場や学校などでお互いに意識しやすくなるような施策を考え、実行してみるのも良いでしょう。

そして家族でいじめや差別について定期的に話し合い、意識しあうのもおすすめです。

SDGs目標10の達成を身近なところから支援しよう

普段からSDGsについて意識しながら生活している人はまだまだ少ないですが、これからはどんどん当たり前になっていきます。

SDGs目標10「人や国の不平等をなくそう」は、SDGs17の目標の中でも、特にひとりひとりの意識が重要な目標の1つです。

前時代的な価値観を捨て、身近なところから不平等や差別をなくせるように一人一人が努力をしていくことで、子どもたちが大人になった時、今よりもっと生きやすい社会になっていることでしょう。

そのためにも、私たちにできることから支援を始めてみましょう。

ライター:きくち まい

【記事バナー】「美4サロン」ブライダルエステお試しプラン初回お試し価格5,000円

「美4サロン」ブライダルエステ選べるお試しプラン

ブライダルエステ専門店ならではの、丁寧なカウンセリングと細やかなケアで、花嫁様を『ドレスの似合う姿』へ導いていきます。
お試し体験プランでお悩みにあわせて効果を体感してください。

> 詳細はこちら