今年のキャンプは”エシカル”に!we know enough<から草花を守る焚火台が誕生

環境配慮型のアウトドアガレージブランド「we know enough< (ウィー ノー イナフ)」が、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて、「自然を大切にする焚火台」の予約販売を受け付けています。

we know enough<はサステナブルな視点から、豊かな社会と自然を目指すことを目的に、2021年春に立ち上げられたブランド。

近年、キャンプが流行していますが、焚火台から出る火の粉や放射熱が周りの草花を燃やし、自然に影響を及ぼすという問題点も。そこで同ブランドは、自然を守りつつアウトドアを楽しめる焚火台を作るべく、Makuakeでプロジェクトを開始しました。

軽量でミニマルなデザインは女子キャンプにぴったり

軽量でミニマルなデザインは女子キャンプにぴったり「we know enough<」の焚火台

サイズ組み立て時:L 550mm, W 470mm, H 300mm
収納時:L 550mm, W 287mm, H 15mm
重量約2.4kg(試作品での計測)
材質フレーム : SUS304 / φ6mm
ステンレスメッシュ : SUS304 / φ1.1mm,3.5mm目
灰受けプレート:ステンレススチール 0.3mm厚 
セット内容:本体、収納袋
価格一般販売予定価格:24,800円(税・送料込)
オプション品収納袋(本体付属)
専用五徳(別売)

火床に加えて、灰受けプレートを設置した「ダブルレイヤー構造」は、we know enough<のオリジナルアイデア。灰受けプレートの下に空気層を設けて、風の通り道を作り出したことで、地面や草花への影響を最小限に抑えられています。

「we know enough<」焚火台オリジナルのダブルレイヤー構造

さらにうれしいのは、他に類を見ないミニマルなデザイン。自然に溶け込むシンプルなフォルムは、こなれた印象がありますね。重さは約2.4kgで、女性でもラクラク運べます。オーガニックコットンを使用した、頑丈な収納袋に入れておけば運びやすいうえに、汚れがつくこともありません。

建築家とUXデザイナーが作り出す注目のブランド

建築家とUXデザイナーが作り出す注目のブランド「we know enough<」

photo by Makuake

シンプルなのに、おしゃれな雰囲気が漂うwe know enough<の焚火台ですが、それもそのはず。今回設計を手掛けたのは、国内外の権威あるデザイン賞を多数受賞している建築家・岡田宰と、イタリアのメゾンブランドで経験を積んだUXデザイナー・石原亮のおふたりなのです。

現在は国内を拠点に自然と都市を行き来するふたりは、ブランドの活動を通して自然や社会を想い、”エシカルアクション” を起こす素晴らしさを伝えようとしています。

Makuakeで予約受付中!夏キャンプはwe know enough<の焚火台でエシカル に過ごそう

we know enough<の焚火台収納時

photo by Makuake

梅雨が明けて、いよいよ本格的なキャンプシーズンの到来です。「今年のキャンプは、今までとは少し違うスタイルにしたい」「初めてキャンプをする予定だけど、重い荷物は持ちたくない」と考えている人は、ぜひwe know enough<の焚火台を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

Makuakeでは、まだまだ予約を受け付けていますので、ぜひチェックしてみてください。

【ブランドホームページ】we know enough<
【クラウドファンディングサイト】Makuake
【Instagram】we know enough<

ライター:kawamaki

【記事バナー】「美4サロン」ブライダルエステお試しプラン初回お試し価格5,000円

「美4サロン」ブライダルエステ選べるお試しプラン

ブライダルエステ専門店ならではの、丁寧なカウンセリングと細やかなケアで、花嫁様を『ドレスの似合う姿』へ導いていきます。
お試し体験プランでお悩みにあわせて効果を体感してください。

> 詳細はこちら