「環境」にも「人」にも優しい折りたたみ電動バイクで通勤もラクラク。Shaero、国内初のシェアリングサービスをスタート

「環境」にも「人」にも優しい折りたたみ電動バイクで通勤もラクラク。Shaero、国内初のシェアリングサービスをスタート

新型コロナウイルスの感染拡大は、2021年8月現在もおさまりそうになく、東京都を中心に感染者は増加の一途をたどっています。

そんなコロナ禍の中、シェアード・モビリティ・ネットワークス株式会社が、2021年9月から折りたたみ電動バイクのシェアリングサービス「Shaero(シェアロ)」をスタートします。SDGsの目標のひとつである、“誰一人取り残さない”を意識した同社の取り組み。

もしかしたら今後、通勤スタイルの常識が変わるかも…!?

女性もラクラク乗車できる「Shaero」の魅力

「移動を目的地への単なる手段ではなく、楽しく自由でサステイナブルなものへ。」をミッションに掲げるシェアード・モビリティ・ネットワークス株式会社。そんな同社が2021年9月1日(水)に、満を持してShaeroをリリースします。

このサービスは、最寄りのステーションで簡単に折りたたみ電動バイクを借り、都合の良いステーションに乗り捨て感覚で返せるというもの。ユーザーは専用アプリで会員登録をすると、バイクの貸出可能な最寄りのステーションを検索するできます。目的地に到着したら、アプリの「Let’s Shaero!」ボタンを押すだけで、乗れるようになるのです。

レンタルされる折りたたみ電動バイクは、かわいらしい赤いボディがポイント。最高時速は30kmで、自転車よりも早く、車よりもゆっくりなスピード感を楽しめます。コンパクトな形状で、女性でも簡単に扱えるのはうれしいですね。

気になるエリアと料金は?

Shaeroのサービスは、東京23区内からスタート。千代田区や港区、渋谷区、杉並区、練馬区、そして埼玉県川口市にステーションが設置されています。今後1年以内に東京23区内で200か所のステーションを設置予定とのこと。楽しみですね。

基本料金は0円。15分200円でレンタル可能です!1日丸々使いたい人には2,000円の24時間乗り放題プラン、日常的に使いたい人には30日間20,000円プランがあるので、ライフスタイルに合わせて選べます。

環境保護とコロナ対策を両立できるShaero

わずか10円分のエネルギーで30kmもの距離を走行するShaeroの折りたたみ電動バイクは、環境負荷が低く、イヤな騒音や排気ガスもありません。小型EV(Electric Vehicle)に特化したビークルを作っているメーカーに特注したバイクは、軽量かつ操作性抜群。運転が苦手な方や女性も、すぐに慣れるでしょう。

コロナ禍で、「満員電車による密を避けたい…」というときにもぴったり。いろいろな意味で、今の時代にマッチしたサービスといえるでしょう。

Shaeroが通勤の常識を変える!?

ようやく厳しい夏の暑さが弱まり、秋の気配が漂ってきました。行楽シーズンと言われる秋ですが、残念ながら今年はコロナでまだまだ遠出は難しそう…。

そんなときこそ、このShaeroのサービスを利用して、ちょっとしたお出かけを楽しんでみてはいかがでしょうか。コロナ禍で鬱々とした日々が続くなか、良い気分転換になるかもしれません。Shaeroは衛生管理もしっかりしていて、コロナ禍でも安心・安全に利用できますよ。

【公式サイト】Shaero

ライター:kawamaki

RURE MORINGA パウダー

Nature’s Chest
「PURE MORINGAパウダー」

生産~日本国内での加工までの丁寧な処理により、モリンガの高い栄養素をそのまま取り入れることでできるおすすめアイテムです!

> 詳細はこちら